クラミジアに感染した際の対処法として、クラビットやジスロマックの有効性について。

感染力の高いSTD

性病とは、性的な接触によって感染する性感染症(STD)のことである。
国内で最も感染者数が多いと言われているのがクラミジア性感染症となります。
感染者数は100万人を超えるとも言われており、特に10代から20代を中心に感染が拡大していると言われています。
近年、若者の間での性交渉の低年齢化や特定の相手ではなく不特定の人と性行為に及んでしまうことが要因となっています。
感染力が非常に強く、きちんとして対策をしないまま性行為に及んでしまうと50パーセントの確率で感染してしまい、炎症などを引き起こします。
原因となっている菌は、トラコマティスと呼ばれる細菌であり、大きさは0.2~0.3ミクロンほどの大きさのとても小さな細菌となります。
人の性器や咽頭(ノド)に住み着き、男女共通して不妊症の関連性があるとされています。
男性の場合、放置してしまうと精巣まで細菌が入り込んでしまい無精子症になってしまい男性不妊の原因になります。
一方の女性は徐々に膣の奥に細菌が移動し、最終的には子宮まで細菌が移動してしまい、子宮外妊娠や不妊症になってしまう可能性があります。
性病なので感染経路は性行為となっており、セックスをはじめオーラルセックスやアナルセックスなど感染者の粘膜に直接触れてしまう行為によって感染してしまいます。
オーラルセックスの場合、風俗店を利用する男性には特に注意が必要であり、フェラチオなどのサービスが主流となっているので、ノドから性器に感染してしまう場合があります。
また、感染者の膣から分泌される膣分泌液や精液が目に入ってしまった場合、激しい痛みのある結膜炎を引き起こします。
クラミジアの症状の特徴は感染したことに無自覚であることが多く、気づかずにパートナーに感染させてしまっていることもあります。
自覚症状が出にくいため、定期的な検診や自宅でも検査ができる検査キットも販売されているので、性器やノドに違和感を感じた場合には検査を行うようにしてください。