クラミジアに感染した際の対処法として、クラビットやジスロマックの有効性について。

ジスロマックの万能性

従来までSTD(性感染症)である、クラミジアの治療には服用回数の多い薬を用いたり、治療期間が長くかかってしまっていました。
そのため患者に対する負担も多くなり、治療を途中で断念してしまったり、自己判断で薬の服用を止めてしまう方もおり、きちんとした治療を行えないこともありました。
最近になってから登場したジスロマックという薬は画期的な薬であり、治療の方法、患者への負担を大幅に減らした薬と言われています。
ジスロマックとは、マクロライド系に属する抗生物質であり、マイコプラズマやりん病、レジオネラ、肺炎球菌などの細菌にも効果があります。
1錠の服用で7日間効果が持続し、その間に治癒する確立は90%を超えると言われています。
飲み忘れや長期の服用が必要ないので、しっかりと治療を行うことができます。
有効成分はアジスロマイシン水和物となっており、水に溶けにくい性質のため、長い期間、作用を持続させることができます。
副作用も少ない方と言われ、一般的に見られる症状が胃腸症状であり、胃痛や吐き気、下痢などの症状を伴うことがあります。
症状が軽い場合には問題はありませんが、症状が続いたり、悪化するようであれば、医師に相談するようにしてください。
発疹や水ぶくれ、口内のただれ、他にも発熱などの症状が見られる場合には重篤な症状に発展することもあるので、十分に注意してください。
重篤な症状には、アナフィラキシーショックや重い皮膚障害などが現われます。
クラミジアは国内だけでも100万人を超える感染者数で、感染率も非常に高い性感染症となっています。
男女ともに自覚症状を伴わないことが多く、感染の拡大の原因にもなっています。
特に若者を中心に感染が拡がっているので、注意が必要です。
男性の場合には風俗店などでオーラルセックスのサービスを受けた場合、ノドからも感染することがあるので、陰茎に違和感などを感じた場合に直ぐに病院で検査を受けるようにしてください。
またコンドームを付けるなど対策をしたり、女性も不用意な状態でも性行為は避けるようにし、きちんと対策を行うようにしましょう。